使い方が似ているクレジットカードとデビットカードを比較する

クレジットカードはお金がなくても決済できる

クレジットカードと、クレジットカード番号が使えるデビットカードは同じような利用法が可能ですが、カード自体はまったく別物といえます。たとえば、クレジットカードは発行の際に審査がありますが、デビットカードの場合、基本的には審査がなくて誰でも持つことができます。では、インターネットショッピングで利用する場合、便利なのはどちらでしょうか。まず、デビットカードの場合、銀行口座にお金が入っていないと決済で利用することはできません。なので、もし1万円の商品をネットで買おうとして、口座には9000円しか入っていない場合は、ATMに行って入金しないといけないのです。クレジットカードの場合は決済の時点でカード会社が立て替えてくれるので、銀行にお金が入っている必要はありません。そういった点ではクレジットカードの方が便利といえるでしょう。

不正利用されにくいデビットカード

また、クレジットカードの場合、ネットショップ側が一括払いしか受けつけていなかったとしても、カード会社に申請することでリボ払いに切り替えることができます。リボ払いは実質的に分割払いと似たようなものなので、高額な商品でも購入しやすいです。一方、デビットカードの場合はリボ払いや分割払いといったシステムは存在しません。必ず一括払いで処理されるため、50万円の商品を買いたいのであれば、決済時点で50万円を持っていないと払うことはできないのです。この点でもクレジットカードの方が優れているでしょう。ただ、セキュリティの面だとデビットカードの方に有利な点が多いです。というのは、決済で利用するときだけ口座にお金を入れるようにしておけば、不正利用の被害に遭いにくいからです。

決済代行サービスを使用することにより、決済日が異なる複数の企業との取引があっても、サービス会社が決済を代行してくれるため、自社での決済はサービス会社との取引だけに簡素化することができます。