新しい学校の通い方、通信制高校で自分らしい学生生活

通信制高校でライフスタイルに合わせた学びかた

通信制高校は、年齢や職業問わず様々な人たちがライフスタイルに合わせて学べる学校です。

多種多様な人が学べる理由の一つとして、学費の安さが挙げられます。生活が苦しく勉強したくても学校に通えない10代にとって、通信制高校は新しい学びの場と言えるでしょう。時間の制約がほとんどなく、自分のペースに合わせた学び方が可能です。

例えば、バイトしながら勉強をしたいという人や、持病があり体調を考慮しながら学びたいという人が多く通っています。中には10代の頃何らかの理由で学校に通えなかったというお年寄りも学んでいます。年間を通して担任の先生やクラスメイトと会う機会はごく僅かなので、人とのコミュニケーションが苦手な人でもムリなく学ぶことができます。

通信制高校での学び方

通信制高校は一般の高校のように毎日学校に通う必要がありません。年間を通して、決められた日数のスクーリングをこなし、定期試験を受ける事で、単位が取得出来しくみになっています。スクーリングのない日は自宅学習なので、毎月教科ごとに与えられた課題を期日までに提出するのが基本的な学び方です。提出した課題は、教科担当の先生がチェックして指摘事項や注意事項を添えて自宅に送られてきます。中にはネットを利用した学習法を取り入れている学校もあります。課題で分からない所や、テストの注意点などを直接聞くことができたり、学校と同じ内容の授業を自宅で受けられるというメリットがあります。

通信制高校での学習は、自宅学習と月に数回のスクーリング、添削課題のみです。本人の自主性と毎日のルーティーンがとても重要になります。

通信制高校なら熊本で受講することもでき、高校卒業の資格を取得することができるので、自分にとってプラスになります。