もし高校を中退してしまった時、進路はどうなる?

義務教育ではないので

小学校と中学校は義務教育となっているので、絶対に通う必要があり、テストの成績や出席日数はあまり関係なく、必ず卒業する事ができます。ただ、高校は義務教育ではないので、行く行かないは本人の自由です。ほとんどの人が将来の夢、やりたい事を見つけるため、などといった理由で高校に進学しています。しかし中には高校に入ったけど、いろいろと事情があって中退してしまう人もいます。理由は人それぞれですが、高校を中退した後は、どのような進路になるのでしょうか。

中退後に選ぶ進路は?

中退した後は、ただ何もしない、というわけにもいきません。生きていくためにも、中退後も何か行動しなくてはなりません。もし、不登校が原因で中退したのであれば、通信制高校へ編入するという手段があります。あるいは、高卒認定試験を受けて、高校卒業資格を取得する方もいます。しかし中には、就職、またはバイトをして働くという道を選ぶ方もいます。バイトは16歳からなら誰でも始める事ができ、特別な資格は必要ありませんが、就職は高校中退だと、少し厳しいでしょう。どうしても就職したいのなら、高卒認定試験は受けておいた方がいいかもしれません。高校を中退したからといって、決して未来が閉ざされてしまったわけではありません。進む道はいくつか存在します。要は、自分がどの道を選択するかなのです。社会に出ていくためにも、自身が決めた進路をなるべく途中で投げ出さないように、一歩一歩でも前へ進むようにしましょう。

高校中退とは高校を途中で退学し、卒業してないことをいいます。この場合、最終学歴が中卒になってしまうので注意が必要です。