株取引は簡単!?利益を出すためには勉強が必要

株取引は人気の副業のひとつ

会社に勤めていつ人の間ではやっている副業のひとつが株取引です。仕組みは至って簡単で、安い株を購入して株価があがった時に売却して利益を得ることができます。つまりこの利益を出すことができる株がどれかを見つけ出すことができればいいだけのことです。今ではインターネットで取引口座を簡単に作ることができますし、インターネット銀行の口座があれば取引資金の入金も直ぐにできるため取引もその日のうちに開始することが可能です。

株価の動きを知るために

株価はいろいろな要因によって上下します。一番はその会社の業績であり、利益があがれば上昇しますし、赤字になれば下落します。しかし会社が業績を発表した後に売買しても、その時には株価は反応した後のため思ったような利益を上げることはできないのです。そのため決算発表前に、エコノミストの予想等を参考にして売買をおこなう必要があります。そのため注目している会社の日頃からのニュース等に注目しておく必要があります。

取引のために勉強することで世の中がわかる

またその会社が海外と取引をしている場合には、その海外の国の経済情勢等も影響するケースも多いです。海外に子会社や工場等を持っているケースでも影響を受けます。そのため日本国内のニュースだけではなく国際情勢にも注目する必要があります。このように単純な株取引ですが、利益を上げるためには感では無理で勉強をする必要があります。しかしそれにより経済情勢等に詳しくなり、それが本業の仕事にも活かすことができます。

株の信用取引の金利は、証券会社によって2%ほど上下します。基本的に金利は安い方が良いですが、デイトレーダーにとっては手数料の方が重要な場合もあるため、金利以外にも注意を払っておきましょう。